快適かつ上質な睡眠で、
業務効率や生活レベルを向上仮眠室・合宿所・寮をご検討の方

睡眠は健康のために欠かすことができません。適切な睡眠時間はもちろん、眠りの質も、健康に関わる重要なポイントです。さらに、心地良い眠りは、業務や生活の質の向上に直結します。そのため、職場の仮眠室や寮、合宿所、外国人の技能実習生を受け入れる宿泊所など、集団が就業・生活する場における睡眠には、周囲の雑音や光を遮る、安眠のための快適な環境が必要です。また、個室に近い空間を快適にコンパクトに確保することによって、施設内にスペースの余裕も生み出せます。コトブキシーティングのカプセルベッドは、24時間スタッフが働く消防・警察・病院・鉄道・運送などの業界の仮眠室や、自動車学校合宿所など、全国各地の幅広い施設で採用され、上質な仮眠・睡眠環境づくりに貢献しています。

メイン画像

仙台市立病院 仮眠室

カプセルベッドでしっかり眠れる

コトブキシーティングのカプセルベッドは、周囲からの寝息や寝返りの音はマットレスやベッドパッド、内装パネル内の緩衝材が吸収します。ベッドへの出入り口に設置した遮光性のあるカーテンまたはロールスクリーンにより、室内の明かりがベッド内の奥まで影響することもなく、同時に周囲からの視線も遮り、個室に近い環境を実現。就寝時のプライバシーも守られます。

イメージ写真

省スペース化でさらなる空間活用も

シングルベッド1台分のスペースで、個室風の睡眠環境を2床分確保できるカプセルベッドは、省スペース化にも貢献。限られたスペースで快適なベッド空間を設けることによって居室面積に余裕が生まれ、共有のラウンジ・コミュニティスペースをつくったり、食堂を設けたりすることができます。集団で働いたり生活したりする環境下に必要な、ゆとりある空間を持つことができるのです。

イメージ写真

既存の部屋にも導入可能な組み立て式

新築はもちろん、既存建物の仮眠室にも導入できます。カプセルベッドは、建物の床の耐荷重が要件を満たしていれば導入可能。人が通れる出入口の大きさがあれば、カプセルベッドのパネルや柱を運び込み、現地で組み立てができます。宿泊料を徴収するホテル・旅館とは異なり、カプセルベッドを導入するための法的な規制は存在しないため、家庭用の二段ベッドを置く際と同様の流れで進めることができます。

イメージ写真
写真:京浜急行電鉄 品川駅 仮眠室

導入コスト以上の大きなメリットを創出

家庭用の2段ベッドに比べて、カプセルベッドは高価な製品ですが、一方で、遮音性・遮光性・個室に近いプライバシー空間の確保など、2段ベッドでは実現できない、上質な睡眠環境を生み出します。満足度の高い睡眠環境をスタッフや寮生・合宿生に提供し、生活や業務効率の向上を図ることで、導入時の初期コストを上回る結果に繋がることが期待できます。

イメージ写真

一部屋を二部屋に。
パーテーション代わりのカプセルベッド

部屋の中央にカプセルベッドを設置して、部屋を間仕切ることもできます。カプセルベッド内への入り口を上段・下段で違えて設けた「サイドオープン 個室形配置用」ならば、右の部屋から上段に、左の部屋から下段に入れます。

イメージ写真

上下2段のベッドは、
大部屋で効率良くベッド数を確保 

上下2段のカプセルベッドは、大部屋の仮眠室・合宿所でも真価を発揮します。布団を一人分敷くスペースで、セミシングルサイズのベッド2床を確保。プライバシー空間を確保し、カプセル内にはコンセントもあるため、スマートフォンなどの充電も周りに気兼ねなく行えます。

イメージ写真
写真:仙台市立病院

省スペース化を実現できるから、部屋数増や共有空間の新設も可能

部屋が生活拠点となる学生寮・社員寮・合宿所などでは、一人一人に個室がある状態が望ましいでしょう。その一方、限られた敷地面積内に個室を複数設けるには、コストや部屋数、部屋面積など、様々な問題があります。「サイドオープン個室形配置用」のカプセルベッドであれば、部屋を窮屈にすることなく、部屋数の増加、さらにはラウンジなどの共有空間といった新たなスペースの創造もでき、入居者にとってより快適な生活環境を構築することが可能になります。

イメージ写真

お客様の声

一人ひとりが本当にくつろげるプライベートな空間を提供
バス運行会社 様

  • 導入背景
    既存の営業所の建替や、営業所統合による新築に際して、仮眠室を新たに作り直すことになりました。一度建てた営業所は、何十年も使い続けます。そのため、今対応できる最善の設備を導入したいと考えました。当社では乗務員の労働環境改善に特に力を入れており、設備面の改善にも取り組んでいます。今回のカプセルベッドの導入は、こうした働き方改革の一環です。
  • 導入の決め手は?
    バス運転士の労働環境上、仮眠室はとても重要な場所となるため、一人ひとりが本当にくつろげるプライベートな空間を提供したかったというのが一番の理由です。以前の仮眠室は、パーテーションで部屋を区切ってベッドを置いていましたが、隣の人の声や物音が聞こえる状況でした。しかしカプセルベッドなら、出入口のロールスクリーンを下せばほとんど個室に近い状態になり、音や光も気になりません。もう一つは、スペース効率という意味で非常に魅力的だった点です。カプセルベッドは上段・下段の2段になるため、同じスペースなら普通のベッドの2倍の数を設置することができます。
  • 導入後のご感想
    正直、最初にカプセルベッドと聞いた時は、仮眠室にカプセルベッドを置くという発想が全く意外でした。私も他のメンバーも昔のカプセルホテルのイメージしかなかったものですから。しかし実物を見て、想像と違っていたことに驚きました。広さも十分でしたし、上品で落ち着いたデザインは今回の目的であったリラックスできるプライベート空間にぴったりだと思いました。実際に利用した人の感想としては、「落ち着く」という声が多いですね。

    これまでのパーテーションで区切られたベッドと違って、カプセルベッドは遮光性・遮音性が高く、換気扇で空調も管理できるため、ストレスなく睡眠をとることができると思います。また個室に近い空間なので、眠らなくても体を休めるために横になる、一人の空間でくつろぐなど、各々が気兼ねなく自由に過ごせる点も人気の理由だと思います。
取材:2019年3月

周囲の物音に邪魔されることなく、確実に睡眠をとれる場所
病院 様

  • 導入背景
    仮眠室はどこも狭く、さらに2〜3病棟に1部屋と数が不足していましたので、近くの仮眠室を利用したいと思ってもスペースがなく、自分の布団を敷くことができませんでした。運良く寝る場所が見つかっても、知らない病棟で知らない人の隣に寝ることになるので、気疲れするのが嫌で泊まらない人や、他の人の入室する音が気になって眠れないため仮眠を諦める人もいました。
  • 導入の決め手は?
    病院の敷地は広いように見えますが、必須の設備や機能の配置を検討していくと、残されるスペースは限られます。スペース効率という観点では、一般的な2段ベッドを導入する案もあったのですが、職場アメニティの向上という至上命題から、カプセルベッドの導入を決めました。当直や夜勤のある病院において、快適に眠れる場所は、人を集めるという募集段階でも非常に大事ですし、長く勤めていただける環境を提供し定着を図っていく視点でも大切です。
  • 導入後のご感想
    実は、圧迫感があるのではないかと不安に思っていました。実際使ってみると、パーソナルスペースが確保されているので、安心感があるというか、自分の家で眠っているような心地よさがあって驚きました。「こんなに寝心地が良いとは思わなかった」との声も多く聞きます。

    頭をベッドの入り口側とは反対側に置いて寝ていると、仮眠室内への出入りする人の動きにもほとんど気づかないですね。以前は、布団を広げたり畳んだり、それを押し入れにしまったりする人の気配で、どうしても目が覚めてしまいました。いまは周囲の物音に邪魔されることなく、確実に睡眠をとることができます。カプセルベッド内にはコンセントがあるので、スマートフォンを気兼ねなく充電できることも嬉しい点です。ベッド一つ一つにコンセントがついているので、とても重宝しています。
取材:2019年3月

製品ラインナップ

コトブキシーティングのカプセルベッド“スリープカプセル”は4種類。居室や目的に応じて適切なカプセルベッドを導入することで、質の良い眠りを得られます。

機能性とデザイン性を兼ね備えた、SPACE Dシリーズ

イメージ写真
西鉄バス 桧原自動車営業所 仮眠室

スタイリッシュモダンを実現した、パネル組み立て式のカプセルベッドの王道シリーズ。美しい着色アルマイト仕上げの見た目は、清潔さを引き立たせ、充実した睡眠環境へといざないます。全36パターンから内装・外装のデザインを選んで、居室にマッチするカプセルベッドを創り上げることができます。

多彩なバリエーションを誇る外装

本体はスチールフレーム、化粧枠、階段一体型手摺にアルミ材を使用。様々な用途に柔軟に対応できるよう縦型・横型の配置が可能です。外装パネルはホワイトとブラックの2色で展開。梁や柱のカラーリングは3種類を用意しました。

外装化粧フレーム
素材写真 素材写真 素材写真
シルバー ブラウン バーガンディー
素材写真 素材写真 素材写真
シルバー シルバー ブラウン
配色A 配色B 配色C
外装パネル
素材写真 素材写真
ホワイト ブラック
イメージ画像SPACED-V(化粧フレーム:配色A)
イメージ画像SPACED-V(化粧フレーム:配色B)
イメージ画像SPACED-V(化粧フレーム:配色C)
イメージ画像SPACED-H(化粧フレーム:配色A、パネル:ホワイト)
イメージ画像SPACED-H(化粧フレーム:配色A、パネル:ブラック)
イメージ画像SPACED-H(化粧フレーム:配色B、パネル:ホワイト)
イメージ画像SPACED-H(化粧フレーム:配色B、パネル:ブラック)
イメージ画像SPACED-H(化粧フレーム:配色C、パネル:ホワイト)
イメージ画像SPACED-H(化粧フレーム:配色C、パネル:ブラック)

快眠に安全と安らぎを与える内装

ユニット内部の壁材、天井材には不燃アルミパネルを採用。ヘッドボードは木目と黒木目、壁は白地(スタッコホワイト)、木目、白木目から自由に組み合わせられますので、ご要望に合わせたスタイリングが可能です。

内装パネル - 壁
素材写真 素材写真 素材写真
スタッコホワイト 木目
(オプション)
白木目
(オプション)
内装パネル - ヘッドボード
素材写真 素材写真
木目 黒木目
イメージ画像壁:スタッコホワイト / ヘッドボード:木目
イメージ画像壁:スタッコホワイト / ヘッドボード:黒木目
イメージ画像壁:木目 / ヘッドボード:木目
イメージ画像壁:木目 / ヘッドボード:黒木目
イメージ画像壁:白木目 / ヘッドボード:黒木目
イメージ画像壁:白木目 / ヘッドボード:木目

基本スペック

  • 基本スペックイメージ画像

    照明はLED調光ライトと間接照明の2種類

    室内照明は、角度調整可能な手元灯と、ヘッドボード端のライナー型間接照明の2種類。どちらもLEDで、明るさの調整が可能です。読書など、細かな角度調節が必要な際には手元灯、カプセル内全体を照らす際には間接照明と使い分けて利用できます。

  • 基本スペックイメージ画像

    コンセント、USBジャック付き小物入れ

    時計やアクセサリーを入れたり、充電中のスマートフォンを置いたりと自由に利用できます。USBジャックは、コンセントの形状に関わらず利用できるため、訪日外国人観光客にも人気です。

  • 基本スペックイメージ画像

    アラーム付きデジタル時計内蔵ナイトパネル

    カプセルベッド内の機能をコントロールするナイトパネル。アラーム付きのデジタル時計を内蔵しています。照明や換気扇のオンオフの操作もここで行います。

  • 基本スペックイメージ画像

    ヘッドボード

    ヘッドボードには、寄りかかっても背中が痛くなりにくいよう、パッドを備えています。表面には、耐久性・通気性の高いメッシュの布地を貼り、寄りかかって本などが読めるように仕上げました。

  • 基本スペックイメージ画像

    ナンバープレートと照明ボタン

    ベッドの出入り口に設置したナンバープレートで、自分がどのベッドを利用しているのか一目でわかります。隣の照明ボタンを使えば、ベッドの外からでも照明のオンオフが可能です。

  • 基本スペックイメージ画像

    ロールスクリーン

    ポリエステル100%のロールスクリーンは、片手で簡単に開閉可能。途中で止めることもできるため、開き具合も調整可能です。遮音性・遮蔽効果も抜群。防炎仕上げにより、万が一の火災時にも、火の燃え広がりを抑えます。

  • 基本スペックイメージ画像

    ステップ・手摺り

    上段ベッドに入るステップ表面にはノンスリップシートを貼り、登る際に滑らないよう工夫を施しました。上る際に手をかけやすいよう、手摺りは左右に一つずつ設置ています。

    基本スペックイメージ画像

アクセサリー

あると便利なアクセサリーも、豊富にラインナップ。イヤホンジャックを挿せば、周りを気にせずいつでも自由な時間に楽しめるテレビや、共有スペースへ向かう前にさっと身なりを確認できるミラー、物を置けるサイドテーブル、バッグや服が掛けられるハンガーフック、長期滞在者向けの下段収納やセーフティボックスなど、自由に組み合わせて選べます。

  • アクセサリーイメージ画像
    テレビ
  • アクセサリーイメージ画像
    ミラー
  • アクセサリーイメージ画像
    間接照明
    (マルチカラー・7色対応)
  • アクセサリーイメージ画像
    テレビリモコンホルダー
  • アクセサリーイメージ画像
    ドリンクホルダー
  • アクセサリーイメージ画像
    ハンガーフック
  • アクセサリーイメージ画像
    サイドテーブル
  • アクセサリーイメージ画像
    セーフティーボックス
  • アクセサリーイメージ画像
    下段収納

形と配置の組み合わせで、多彩なレイアウトに対応

フロントオープン(連結型配置)図

フロントオープン(連結型配置)

ベッドへの出入り口を、寝る時の身体の向きと垂直に設置。配置効率の良さが特長。通路に面する開口部の面積が最も小さいため、限られた居室面積内で多くのカプセルベッドを並べることができます。

写真:西鉄バス 桧原営業所
フロントオープンワイド(連結型配置)図

フロントオープンワイド(連結型配置)

ベッドへの出入り口を、寝る時の身体の向きと平行に設置。ベッドへの出入りのしやすさが特長。開口部が広いため、フロントオープンに比べてベッド内への出入りがしやすく、閉塞感も軽減されます。

写真:a-style心斎橋
サイドオープン(連結型配置)

サイドオープン(連結型配置)

ベッドへの出入り口を、寝る時の身体の向きと垂直に設置。通常のフロントオープンより250mm開口部が広く、就寝スペースのサイドに棚を設置しており、カプセルベッド空間にゆとりが生まれます。

サイドオープン(個室型配置)図

サイドオープン(個室型配置)

部屋の中央部にカプセルベッドを設置し、開口部の向きを左右交互に設ける配置によって、個室に近い空間をつくることができます。

千鳥配置とフロントパネルのカスタマイズを可能にする、
SPACE D2シリーズ

製品図

「ベッドへの出入りのしやすさ」を追求した新シリーズ。通常のカプセルベッドは、上下段のベッドが縦に真っ直ぐ並んでいますが、SPACE D2シリーズは、上下段のベッドが互い違いになるようにした千鳥配置。上段のベッドへ入る際、ステップを上り切ったあとに身体の向きを変えることなく、そのままベッドへ入ることができます。新仕様により、フロントパネルには木材を選ぶことができ、コーディネートの幅が広がります。

イメージ写真

「立てる」「歩ける」ワンルームタイプ、VISIT-Eシリーズ

製品図

限りなく個室に近い新シリーズ。従来のカプセルベッドの概念とは異なり、カプセルベッド内で立ったり歩いたりすることが可能。カプセルベッド内には就寝スペース以外にもテーブルや荷物を置くための収納庫など十分な広さがあります。ハンガーラックや大きな壁面ミラーもあり、ロッカールームを利用せず、身支度もカプセルベッドの中で全て整えることができます。

イメージ写真

機能・デザインをシンプルに集約した、B-CUBEシリーズ

イメージ写真
東京医科大学病院 ICU当直室

SPACE Dシリーズと同等の必要な装備を、眠るための環境づくりに特化し、シンプルなデザインで確立。24時間体制で働く職場の仮眠室を中心に人気のあるシリーズです。

基本スペック

  • 基本スペックイメージ画像

    LED調光ライト

    室内の照明にはLEDライトを採用。調光式のため、明るさを自由に調整できます。

  • 基本スペックイメージ画像

    アラーム付きデジタル時計内蔵ナイトパネル

    カプセルベッド内の機能をコントロールするナイトパネル。アラーム付きのデジタル時計を内蔵。照明や換気扇のオンオフの操作もここで行います。

  • 基本スペックイメージ画像

    テーブル

    スマートフォンやアクセサリー、時計などの小物を置くスペースを用意し、紛失・忘れ物を防止します。

  • 基本スペックイメージ画像

    ナンバープレートと照明ボタン

    ベッドの出入り口に設置したナンバープレートで、自分がどのベッドを利用しているのか一目でわかります。隣の照明ボタンを使えば、ベッドの外からでも照明のオンオフが可能です。

  • 基本スペックイメージ画像

    梯子

    一歩目に足をかけやすいよう、やや斜めに設定された梯子。握りやすい細さで、好きなところに手をかけて上れます。仮眠前の疲れた体にも優しいつくりです。

  • 基本スペックイメージ画像

    カーテン

    遮光性、防炎性に優れたポリエステル100%のカーテン。汚れてしまった場合には洗濯も可能です。色味はグリーン、ブルー、ブラウン、オレンジの全4色から選べます。

アクセサリー

イヤホンジャックを挿せば、周りを気にせずいつでも自由な時間に楽しめるテレビや、身だしなみを整えるのに必要なミラー、バッグや服が掛けられるハンガーフックなどをラインナップ。

基本スペックイメージ画像

形と配置の組み合わせで、多彩なレイアウトに対応

フロントオープン(連結型配置)図

フロントオープン(連結型配置)

ベッドへの出入り口を、寝る時の身体の向きと垂直に設置。配置効率の良さが特長。通路に面する開口部の面積が最も小さいため、限られた居室面積内で多くのカプセルベッドを並べることができます。

写真:京浜急行電鉄 品川駅 仮眠室
サイドオープン(連結型配置)

サイドオープン(連結型配置)

ベッドへの出入り口を、寝る時の身体の向きと平行に設置。ベッドへの出入りのしやすさが特長。開口部が広いため、フロントオープンに比べてベッド内への出入りがしやすく、閉塞感も軽減されます。

サイドオープン(個室型配置)図

サイドオープン(個室型配置

部屋の中央部にカプセルベッドを設置し、開口部の向きを左右交互に設ける配置によって、個室に近い空間をつくることができます。

写真:CUBE広島

製品比較

シリーズ名称 SPACE Dシリーズ SPACE D2シリーズ VISIT-Eシリーズ B-CUBEシリーズ
ベッドタイプ カプセルベッド型 カプセルベッド型 ワンルーム型 カプセルベッド型
製品の特長
  • スタイリッシュな外装内装のカラー、全36パターン・アクセサリーが豊富
  • 上下段のベッドを千鳥配置し、上段ベッドへの出入りのしやすさを向上
  • フロントパネルに天然木が使用できる
  • カプセルベッド内で立って歩けるワンルームタイプ
  • デザインと機能をシンプルに集約
  • シリーズの中で1番安価
製品の形状
  • フロントオープン
  • サイドオープン
  • フロントオープンワイド
  • フロントオープン(千鳥配置)
  • ワンルーム
  • フロントオープン
  • サイドオープン
主な素材 難燃または不燃アルミパネル 難燃または不燃アルミパネル 難燃または不燃アルミパネル 難燃または不燃アルミパネル
外装カラー 選択可 選択可 選択可 選択可
内装カラー 選択可 選択可 選択可 選択可
室内照明 手元灯 / 間接照明(LED) 手元灯 / 間接照明(LED) 天井照明 ルームライト(LED)
上段ベッドへの出入り ステップ ステップ 上段ベッドなし 梯子
出入り口の仕切り ロールスクリーン ロールスクリーン スライドカーテン カーテン

納入事例

仮眠・当直施設への納入実績
業種別 物件数 納入数 業種別 物件数 納入数
1 医療福祉(病院等) 51件 754床 7 メディア(新聞・テレビ等) 83件 2,395床
2 鉄道輸送業(JR・私鉄) 197件 2,582床 8 官公庁(警察署、消防署、海上保安庁、防衛省他) 191件 2,689床
3 自動車輸送業(トラック・タクシー等) 121件 2,671床 9 金融・保険業 15件 162床
4 航空輸送業(空港等) 43件 1,130床 10 宿泊業(ホテル従業員等) 221件 4,511床
5 電気・ガス・熱供給・水道業 38件 635床 11 一般企業・その他 247件 2,014床
6 通信業 23件 238床 合計 1,230件 19,781床

2019年2月現在

製品についてのご相談を承ります。まずはお気軽にお問い合わせください。